子供と知育

「Scratch」って何だ?できる子供が遊んで学ぶプログラミング

みなさん、あまり聞きなれない言葉かもしれませんが、

「Scratch(スクラッチ)」ってご存じでしょうか??

 

10円玉でガリガリ削って「200円当たり!」ってあれじゃないですよ(*ノωノ)

Scratchとはマサチューセッツ工科大学の研究グループによって開発された、「教育用のプログラミング言語」を言います。

2020年のプログラミング教育必修化が近づき、最近ではネットやテレビを中心にかなり注目されてきています!

 

小学校でプログラミング教育が必修化になるけどいつからなの?いよいよ学校でプログラミング教育が必修化!何年生からどんな内容の授業が始まるのか、2020年からスタートの新学習指導要領で、今までとの違いなどを詳しく解説します!親として子供と一緒に取り組んでいきましょう...

 

自分の子供にも体験させてみたいと考えている親も増えてきていますので、今回はScratchの特徴などを解説していきたいと思います(´▽`)

 

Scratchを使って何ができるの?

Scratchは子供達がコンディション(パラメータ付き)や結果(アクション)のブロックを選択したエージェント(スプライトと呼ばれる)や背景(ステージと呼ばれる)にドラッグ・アンド・ドロップすることでインタラクティブアニメーション、プレゼンテーション、ストーリーやシンプルなゲームを遊び心かつプログラム的に製作することを出来るようにしている・・・

Wikipediaより抜粋

なるほど・・これは超絶解りにくいですねぇ・・(*´Д`)

 

簡単に言うと

本来プログラミングとは人間が命令文(コードと言います)を使いコンピューターを動かしていますが、大人がパソコンに向かって英語の文字をカタカタ入力している堅苦しい作業を、Scratchを使えば子供たちでも簡単にできるよう開発した。というわけです

 

Scratchでは一目見て非常に解りやすいスタイルになっていますので、パソコンに詳しくない人が使ってもすぐに慣れると思います。

実際に使用している画面を見たほうがイメージつきやすいと思いますので、まずはやってみましょう!

 

スポンサードサーチ

Scratchを使ってコンピューターに命令してみよう

 

scratchの基本画面

最初はこのような画面です。右側にいる猫?に人間が命令を下して、様々な行動をさせることがScratchの目的となります。

例えば、左側に青い命令文(コード)が並んでいますよね。この中から好きなものを選んで、クリックしたまま真ん中のテーブルに移します。

 

命令内容を組み合わせる

今回選んだ命令は、

  1. 🏁が押されたとき
  2. 「うーーん。。。」と考える

今回は2つの命令を組み合わせて一つの命令にしてみました。とてもシンプルで解りやすい命令ですね。

 

コンピューターへ命令する

では、実際に緑色の🏁を押してみましょう(命令の実行)

 

命令を実行する

おおっ!「うーん。。。」と言いましたね(*‘ω‘ *)

 

これがScratchのプログラミングです。簡単ですね!

 

このように、Scratchでは左側の命令文をいくつも組み合わせてプログラムを作っていきます。例えばこんなふうに・・・

どんな動きをするか気になりますよね(笑)

他にも音を鳴らす命令や、猫の見た目が変わる命令、命令そのものを制御させたりと様々なプログラムが揃っており、組み合わせは無限大です!

 

こんな面白いソフトが誰でも無料で遊べます(*‘∀‘)

 

 

次はScratchのおすすめポイントを紹介してみたいと思います。

 

Scratchのおすすめポイント

①日本語完全対応

プログラミングは基本的に全て英語です。

しかし、このScratchは上の画像を見てもわかる通り日本語に対応していますので、このまま学校教育やプログラミング教室などでも活用可能なんです。

2020年にプログラミング教育が義務化されても、あらかじめ家庭で触れていたら先取りできそうです(*´ω`*)

 

ちなみにScratchは日本語だけでなく色んな国の言語に対応しており、世界で最も使用されているプログラミング教育ソフトなんです。最近ではNHKでもScratchを使った番組が放送されており、関心がどんどん高まっているようです。

NHK公式サイト

 

②専用ソフトのインストールは必要なし

WebブラウザのみでScratchを楽しむことができるので、インターネットの環境が整ったパソコンであればいつでもすぐに楽しめます(*‘∀‘)

子供用のパソコンでScratchを楽しむのにオススメなものを紹介しています↓

プログラミング教育に対応!子供向けパソコンの紹介(動画付き)子供用のパソコンって持ってますか?小学校から始まるプログラミング教育に対応できる安い・オススメのパソコンを紹介!最初はWindowsのノートパソコンを用意しましょう...

 

実際にScratchを動かしているYouTube動画もありますので、一度参考にしてみてください。

Scratch3.0のチュートリアル①

 

※こちらのリンクからScratchのプログラム作成画面に行けます(スマホやタブレットにはまだ完全対応していません)

 

③初めての子供でもすぐに使える

ブロックを積み替えるだけでキャラクターが自動で反応するので、しばらく遊んでいればすぐに直感で動かせるようになりますよ(´▽`)

また、プログラムの種類が全て色分けされていることから、説明書を読む必要もなく、とにかく色んな組み合わせを直感で試して遊ぶことができます。

大人が仕事で扱うプログラミングは難しく一定の知識が必要ですが、Scratchなら小学生でもプログラミングの基礎を学べることが可能です。

おそらく親がハマってしまうかもしれませんね・・・

 

まとめ

子供は幼い時にブロックや積み木などを組み立てたりして独創的な感性を養います。Scratchはそれに近いものがあり、組み立てるだけではなくプログラム的思考力(論理的思考)も育むことが可能です。

 

これからプログラミング教育を考えてますっていう方にこそ是非読んで欲しい本があるので紹介します。読んでいくうちに子供の将来を勝手に期待してしまいますよ(*‘ω‘ *)

Amazonでも高評価

 

ちょっと余談

コンピューターに「物分かりの悪いやつ」はいませんよね。スペックによって計算結果に差はあるかもしれませんが、どれも同じ答えがかえってきます。

しかし、それを使う人間の能力が低ければ、コンピューターも100%の能力を発揮できないのです。そしてそれは大人になってから始めても遅いということ。

これからの時代はコンピューターを使う側の人間でなければ生き残れません。

 

子供の脳は無限大の可能性を秘めていますので、これを機に是非何か初めてみませんか。

 

それでは(^^)/

自己紹介

はじめまして、家康と申します。

この度は星の数ほどあるサイトの中から、当ブログをご覧頂きありがとうございます。

埼玉県在住、東京23区勤務でサラリーマンをしながらブログ執筆をしており、休日はコーヒー飲みながらブログ記事を書いたりと、ゆったりまったりするのが好きです。

よかったら気にかけてやってください(´▽`)

 

ブログランキング&Twitterも

応援宜しくお願いします!